Warning: The magic method InvisibleReCaptcha\MchLib\Plugin\MchBasePublicPlugin::__wakeup() must have public visibility in /home/c9924901/public_html/itumoto-note.com/wp-content/plugins/invisible-recaptcha/includes/plugin/MchBasePublicPlugin.php on line 37
40歳おっさんのゲーム史 (その2)|itumonote
Game

40歳おっさんのゲーム史 (その2)

こんにちは、itumotoです。前回の続きを書いて行こうと思います。前回は以下の記事ですね。

40歳おっさんのゲーム史 (その1) こんにちは、itumotoです。ブログ開始2投稿目にしてまだまだ設定項目が残ってるなぁと遠い目をしています。やはりこのあたりは実際に手...

中学生から高校生の時代(1994年~2000年)

中学の頃は小学生の頃から引き続きでスーパーファミコンで遊んでましたね。

プレイステーション (1994年発売)

今では5まで発売されているゲーム機ですね。これまでにもCDを使ったゲーム機がありましたが、私が手に入れたのはコレが初。ディスクの裏が真っ黒だったのと、ずっと遊んでるとCDを読み込むレーザーのパーツがヘタってくるのでプレステ本体をひっくり返して遊んでいました。

コントローラーやメモリーカードが取り外しできるのもポイントで友達の家に遊びに行くときに持っていくのがとても気楽になった記憶があります。

個人的な代表作

ファイナルファンタジー7:セガサターンと競っていたプレステですが大きくプレステに傾いたのがFF7と言われています。実際学校でも皆FF7の話をしていました。当時のレベルからすると信じられないぐらい綺麗なグラフィックで、マテリアを使ったカスタマイズや様々なミニゲームなど豪華なゲームでした。

バイオハザード:今でも続く名作の1作目ですね。今では信じられないようなエンディングソングが癖になります。今はホラーゲーム苦手なんですが、何故かこの頃は本当に楽しくて何周も周回してロケランで遊びまくってた記憶があります。

ゼノギアス:スクウェアから出たRPGですがFF7とは違ってかなりマニアック。エヴァの影響を受けたパロディもあります。BGMや主題歌も今でも好きな名作です。リメイクし欲しいですが無理だろうなあと半ば諦めてたり…でもやっぱり出して欲しい!

ファイナルファンタジー8,9:この2作は高校に入ってから出ました。FF8はFF7から更に綺麗になり、魔法のジャンクションや面白すぎるカードゲームが人気の作品でした。主題歌のEyes On Meが大好きでフェイ・ウォンのアルバムを買ってずっと聞いていました。そして、FF9はFFの原点回帰を歌った作品でFF8で上がった頭身が下がりました。過去のシリーズのシステムを取り入れブラッシュアップしつつも懐かしさのある名作で未だに人気の強いBGMが数多く存在します。

セガサターン (1994年発売)

セガがプレステと同時期に発売したゲーム機でプレステとの競争は有名。プレステがメモリーカードがという記憶媒体を使うのにたいし、スーパーファミコンのカセットを小さくしたようなパワーメモリーという記憶媒体を本体に挿すのと、コントローラーが格闘ゲーム向きのボタン配置なのが特徴でした。

個人的な代表作

バーチャファイター:残念ながら2023年現在ではシリーズが途絶えてしまっていますが、この当時は間違いなく一世を風靡していた名作3D格闘ゲームです。どれだけ遊んだか分からないです。ひたすらジェフリーでトーキックスプラッシュマウンテンで大ダメージを狙っていたのも良い思い出。

ガーディアンヒーローズ:こちらも格闘ゲーム。ですが、なんといってもキャラクターのバリエーションの豊富さと6人対戦がウリで村人から神まで色んなキャラで遊べたので、これもとにかく対戦を続ける日々でした。

シムシティ2000:実はシムシティ2000自体はスーパーファミコンでやっていたのですが、個人的にはセガサターン版のシムシティ2000が好きです。性能が上がってるのはもちろん、何故かボタンを押したときのSEまで違っていてその小さな違いが私にとっては大きな違いでした。

スーパロボット大戦F:スパロボFを買った理由はなんと言ってもエヴァが出演していたからです。この当時はエヴァが世の中でとても話題になりました。今でこそかなり難易度が高めのスパロボと語り継がれるFですが当時は子供ならではの根気でしっかり最後まで遊びました。

パソコン

何ごとかというラインナップですが、高校の時に我が家に初のパソコンがやってきました。SMAP仲居くんがISDNという128kbpsを誇る高速(!?)インターネットのCMをしていました。私は主にインターネット、プログラミング、ゲームで使っていて、ほぼ私のものになっていて、年賀状の作成とかで家族をサポートしていました(笑)

個人的な代表作

シヴィライゼーション2:これももう言うまでもない名作中の名作の2作目ですね。説明書が200ページ以上ある分厚い本で笑った記憶があります。「後1ターンだけ」と言いつつゲームが辞められない元祖廃人育成ゲームです。ただ、私は大学受験の勉強中に手を出してしまい1日が一瞬で過ぎ去ってしまったことから人生で初めて面白すぎてやめたゲームになりました。

まとめ

なかなか進まないですが今回はここまで。中学、高校はプレステ、セガサターンでひたすら遊んでいました。また私は持っていなかったので省略しましたがドリームキャストも発売され、友人宅でソニックアドベンチャーやバーチャファイター、バーチャロンオラトリオ・タングラムなどで遊びまくっていました。それでは。